2013年5月9日

サプリメーカーが語りたがらない10の事実

5月5日付けのWall Street Jornalに「サプリメーカーが語りたがらない10の事実」と題された興味深い記事を見つけました。記事はアメリカのサプリメント市場について語られたものですが、日本の健康食品市場、ひいてはプロポリス市場にもよく当てはまっていて非常に興味深く読めます。

目次だけ抽出するとこのようになります。
1. 「選択肢の多さで消費者を圧倒する」
2. 「サプリは薬剤と違ってFDAの認可なしに販売できる」
3. 「ラベルでサプリを判断するのは難しい」
4. 「健康効果には議論の余地がある」
5. 「健康的な食事に代わる錠剤など存在しない」
6. 「免責条項や警告文を読むには拡大鏡がいるかもしれない」
7. 「魔法のやせ薬など存在しない」
8. 「自然と安全は別物である」
9. 「増加した効き目は薬剤によるものかもしれない」
10. 「摂取しているサプリを医者に知らせる必要がある」
実際の記事はリンク先を見ていただくとして、健康食品やプロポリスとの関連で述べてみたいと思います。

1. 「選択肢の多さで消費者を圧倒する」

健康食品の国内ネット販売大手のケンコーコムで、プロポリスというカテゴリーにはトータルで139種類のプロポリス製品が登録されています。さらにそのカテゴリー内にアルコール抽出プロポリス液、水抽出プロポリス 、プロポリスカプセル・粒 、熟成プロポリス、超臨界抽出プロポリス、プロポリスキャンディー、プロポリススプレー、プロポリスドリンクという沢山のサブカテゴリーがあります。これは一つの販売事業者の例なので、実際に市場に流通しているプロポリス製品は少なくともこの数倍はあるとみられています。この中から自分にあったプロポリスを捜すのは大変に難しい作業です。

2. 「サプリは薬剤と違ってFDAの認可なしに販売できる」

FDAというのは日本で言えば厚生労働省にあたります。一般の健康食品やプロポリスなどのサプリメント類は、薬ではなく食品という扱いなので、基本的には厚生労働省の認可は必要ありません。一見良いことのようですが、そのことが逆に、品質的にバラつきの多い玉石混交状態をつくりだしています。

3. 「ラベルでサプリを判断するのは難しい」

健康食品やサプリの成分を広告やラベル表示だけで判断するのは難しい。プロポリスで問題なのは大きく分けて2つあります。

一つ目は原材料の産地を偽ること。実際にプロポリスはブラジル全土で広く生産されているのですが、日本で販売されている大多数のプロポリスはミナスジェライス州産を謳っています。これはミナスジェライス州産のプロポリスが最も高品質という評価が定着しているためで、パラナ州やサンパウロ州産のプロポリスをミナスジェライス州産と表示するようなことは普通に横行しているのが実情です。

2つ目は濃度を実際より高く表示すること。これもかなり横行していて、プロポリス濃度10%のものを濃度30%や50%と表示している例もよく見かけます。また高い濃度を出しやすいBRIX濃度のみを表示し消費者に高濃度と思わせる例もあります。(尚、BRIX濃度はほとんど意味がありません。)

4. 「健康効果には議論の余地がある」
7. 「魔法のやせ薬など存在しない」

日本では特定保健用食品以外の一般の健康食品やプロポリスなどが効能・効果を謳い広告することを禁止しています。ところがこれまた多くの事業者が効能・効果を謳うばかりでなく、それらを誇大に表示しています。プロポリスの例では、「癌が治る」というのがこれにあたります。これは明らかな薬事法違反なのですが、行政側の指導が追いついていないのが現状です。そのため行政側は実際の被害がでるなど極端な場合などに限り、一罰百戒の意味を込めて取締をしています。

8. 「自然と安全は別物である」

これもよくある宣伝方法です。「天然の原料」であることで「安全性」とクリーンなイメージを強調するのですが、実際のところ自然であることは安全性を担保するものではありません。プロポリスの場合でも、過剰に摂取すると下痢になりますし、薄めずに飲むと喉をやられることがあります。ナチュラルであることを過信せず、飲み方や用量を守ってのむことが大事です。

10. 「摂取しているサプリを医者に知らせる必要がある」

これはケースバイケースですが、基本的には知らせるべきだと思います。
最近はサプリメントについての理解も進んできて好意的に受け入れる医師も多いです。そいう医師だと的確な助言が受けられると思います。プロポリスの場合、代替療法として積極的に進める医師さえいるようです。ただ、依然としてサプリメントや健康食品を毛嫌いする医師も多く、その場合サプリの摂取を禁止されることもあります。




2013年3月29日

心臓病に効果的な食べ物20選 !!!

コレステロール値や血圧を下げてくれる食材20選です。

これらの食材を積極的に食べることにより、薬やサプリメントに頼らず、心臓病のリスクを軽減することが出来るかもしれません。

万能のように思われがちなプロポリスですが、やはり得手不得手があります。主に消化器官などの内臓には効果的ですが、心臓や血管系はあまり得意ではありません。ですから、そこをどうやって補うか、というのは健康を維持する上で非常に重要です。

店主の私も、このところ若干メタボ気味ですので、意識してこれらの食材を食べるようにしています。何事も日ごろの心掛けが大事ですね。

※特にお勧めのものは赤字にしてあります。
1. アボカド
悪玉コレステロールを下げ善玉コレステロールを上げる作用のあるアボカドを毎日食べ続けると、一週間後には血中コレステロールが17パーセントも低下するそう。

2. 全粒小麦
全粒粉のパン、玄米、オートミールなどに含まれる全粒小麦は、コレステロールを捕まえて体の外に出す働きをしてくれる。

3. オリーブオイル
オリーブオイルを使った料理を食べている65歳以上のお年寄りは、食べていないお年寄りよりも心筋梗塞にかかる確率が41パーセントも低いとか。

4. ナッツ
ナッツには心臓に良いと言われている単不飽和脂肪、ビタミンE、繊維、オメガ3脂肪が含まれ、悪玉コレステロールを体内から出してくれる。

5. ステロール入りの食べ物
ステロールとは消化器官でコレステロールと戦うとして今注目されている植物由来の成分。ステロール入りのオレンジジュース、マーガリン、牛乳などで補給できる。

6. サーモン
オメガ3脂肪が含まれる魚油が豊富なサーモンを週に2回食べるだけで、心臓疾患のリスクが下がるという。

7. アスパラガス
動脈の中をお掃除してくれる食べ物ナンバー1のアスパラには、血圧を下げ、体の高の炎症を抑えてくれるという効果あり。

8. ザクロ
抗酸化作用があり、動脈をダメージから守ってくれる。

9. ブロッコリー
ブロッコリーには骨を作るために必要なビタミンK、動脈の働きをよくするカルシウム、さらに血圧とコレステロール値を下げると言われる繊維も豊富。

10. ターメリック
カレーの香辛料としてよく使われるターメリックにはクルクミンという抗炎症作用のある成分が含まれている。

11. 柿
以外に知られていないが、実は柿にはりんごの2倍の繊維と抗酸化作用があり、コレステロール値を下げるポリフェノールが含まれている。

12. オレンジジュース
1日2杯の果汁100%オレンジジュースには、拡張期血圧を下げる効果と血管機能を整える抗酸化作用がある。

13. スピルリナ
サプリメントなどで補充できるこのスピルリナという成分は、動脈壁を緩め、血圧を正常化する働きを持つ。また、コレステロール値を下げる効果もある。

14. シナモン
抗酸化作用のあるシナモンを1日スプーン1杯食べるだけで、血液中の悪玉コレステロールは26パーセントも低下するそう。

15. クランベリー
カリウム豊富なクランベリーはコレステロール値を下げ、心臓疾患のリスクを40パーセントも下げるとか。

16. コーヒー
コーヒーを1日2杯以上4杯未満、13年間飲み続けた人は、心臓疾患にかかるリスクが20パーセントも低いという。くれぐれも4杯未満で!

17. チーズ
信じられないが、チーズには血圧を下げる効果があるそう。ただし毎日食べるならなるべく低脂肪のチーズが良いそう。

18. 緑茶
緑茶に含まれるカテキンはコレステロールの体内吸収を防いでくれる。おまけにガンや体重増加の予防効果も。やっぱり緑茶最強!

19. スイカ
スイカに含まれるアミノ酸には血圧を下げる効果があるという。

20. ホウレンソウ
ホウレンソウに含まれるカリウムと葉酸は血圧を下げ、毎日食べれば心臓疾患のリスクが11パーセントも低下するそうだ。

出典元:Top 20 Foods For Heart Health - Huffingtonpost