2012年10月21日

トマトに含まれる「リコピン」が脳卒中のリスクを軽減

トマトに含まれる成分「リコピン」に様々な作用があることは有名です。

多少眉唾ながら、昔NHKの「〇〇してガッテン!」ではリコピンに男性型脱毛を抑制する作用があるなどと紹介され、ハゲのおじさんたちがトマトを買い占めるという事件もありました。(冗)

そんな「リコピン」ですが、今回フィンランドの研究で、脳卒中の確率を低下させる可能性が確認されました。以下WSTよりの引用ですが、こちらはきちんとしたエビデンスに基いており一定の評価ができると思います。高血圧や高脂血症に悩む方にとっては朗報ですね。

記事によると「リコピン」はスイカ、グレープフルーツ、パパイア、マンゴーなどのフルーツ類にも含まれるそうです。トマトは野菜というよりフルーツなのかもしれませんね。

さて、何故かスパゲッティ ナポリタンが食べたくなったな。(^^ゞ
トマトを含んだ食事は脳卒中の確率を低下させる可能性がある。

トマトに含まれる抗酸化作用のある成分「リコピン」の血中濃度が最も高い水準にある男性は、最も低い水準にある男性より脳卒中の頻度が低かったことが新しい研究で分かった。全体的に、脳卒中のリスクは55%低減したという。

フィンランドで実施されたこの研究は9日発行の米医療誌「Neurology」に発表される。米農務省(USDA)の栄養素データベースによると、リコピンはトマトペーストやトマトピューレ、トマトソースといった加熱処理をしたトマト製品の中に最も多く含まれている。

USDAによると、カップ1杯のマリーナソースにはリコピンが3万1000マイクログラム超含まれており、一方で平均的な生のトマトに含まれるリコピンは約3165マイクログラムだという。ファストフードのピザ1切れに含まれるリコピンの量は2074マイクログラムで、スプーン1杯のケチャップには2146マイクログラムのリコピンが含まれる。リコピンはスイカ、グレープフルーツ、パパイア、マンゴーにも含まれる。

政府が推奨するリコピンの摂取量は特にないが、政府の食事に関するガイドラインはこれまで少なくとも5~9サービングの果物と野菜を1日に摂(と)るよう勧めている。2010年に米国は食事に関する指針を改定し、そこには果物と野菜の摂取量を「増やし」、1日に少なくとも2カップ半の量を摂取すれば心臓発作や脳卒中のリスクが軽減すると記載されている。ほかにもリコピンが前立腺やほかのガンのリスクを軽減することを示唆する研究がいくつかある。

ニューヨークのレノックスヒル病院にある脳卒中および脳血管内手術センターで責任者を務めるラファエル・オルティス医師はリコピンの研究には携わっていないが、この研究は脳卒中のリスクを減らすために運動と禁煙と同時に「食事がとても重要である」ことを示したと述べた。同氏によると、リコピンは炎症を緩和し、血栓の形成を防ぐという。

フィンランドの研究は1031人の男性を対象に行われたが、これは心血管系の病気に関するリスク要因を検証するため、より幅広く実施された研究の一部だった。対象となったのは42~61歳のフィンランド東部クオピオ市内とその周辺で暮らす男性で、研究は1990年代初頭に開始された。研究の最初と7年後に、ほとんどの男性から血液サンプルが採取された。またこれらの男性は平均で12年間にわたり追跡調査された。

この研究の筆頭執筆者で、東フィンランド大学医学部のJouni Karppi氏は、この研究の主な目的はレチノール(ビタミンA)、ビタミンEの一種であるα-トコフェロールといった別の成分が脳卒中の発生頻度に影響するかどうかを調べるものだったと指摘する。

ビタミンAやEの水準との関連性は見いだせなかったが、その代わり、血中のリコピン濃度が最も高い水準にあった男性は最も低い水準の男性より55%の割合で脳卒中の発生頻度が低いことが分かった。虚血性と呼ばれる脳卒中の場合は59%の割合で低かった。虚血性は血栓によって引き起こされるもので、脳卒中の中で最も一般的なものだ。

全体として、研究対象となった1031人の男性で67件の脳卒中があり、そのうちの50件が虚血性だった。リコピンの血中濃度が最も低いとみられる258人の男性の中では25件の脳卒中があり、最も濃度が高いグループの脳卒中は11件だった。男性はリコピンの血中濃度により4つのグループに分けられた。

研究はフィンランドのラップランド中央病院から資金援助を得て実施された。

Wall Street Journal より

2012年10月12日

ばんそうこうの痛くないはがし方

誰にでも経験はあると思いますが、ばんそうこうを剥がすのは、けっこう痛みを伴うこともあります。そんな時はドライヤーの熱風で10~15秒位ばんそうこうを温めてから剥がしてみください

この方法は、家具やガラスに貼ってあるシールをキレイに剥がす時などにも応用できそうですね。ぜひ、お試しあれ!

ばんそうこうをはがさなければならない時は、その前にヘアドライヤーで温風を数秒当てるとはがしやすくなります。熱によって粘着部分が柔らかくなったり、部分的に溶けたりしているので、はがす時もそんなに痛くありません。それでも痛い時はあるかもしれないけれど(毛がはさまっている時は特に)、かなりマシになると思いますよ。

lifehacker より

2012年10月5日

ダイエットの極意 - 1年間で83㎏も痩せた青年

ブラジルの首都・ブラジリアの住むイタロ君(Ítalo Fávero de Moura)21歳。彼が20歳の頃には体重170キロもあったそうだが、僅か一年間のダイエットの結果、体重を83キロも落とし現在87キロで安定しているそうだ。

私を含め、ダイエットは長続きしないものの筆頭。やはり食欲というものはあらゆる人間の欲望の中でも最も強いものだと実感します。(えっ、単に私が食いしん坊なだけ?)

彼の場合、弁護士を目指し法律の勉強を始めたことがダイエットを始めたきっかけになりました。「高血圧や糖尿病などの、健康や心臓病のリスクを抱えた弁護士にだけはなりたくないと思った。」

そうして1年間で83キロもの減量に成功。下の写真を見ると顔が全く別人のように変化したのが分かります。そりゃそうでしょう。83キロと言えば大人の男性一人分の重さです。

そう聞くと、いったいどんなに過激なダイエットをしたのか?と思うでしょう。

でも彼が実践したダイエットは過激なものではなく、極めてシンプルで常識的なダイエットでした。そう。過激なものは続けられないんです。そしてダイエットは続けられなければ意味がありません。これなら誰にでも出来そう、というのがミソ。

これぞ名付けて「ダイエットの極意」

さあ、今すぐ、あなたもダイエットを始めましょう!


イタロ君の語る「ダイエットの極意」は下記の通り。
ちなみに重要度は食事が70%で運動が30%とのこと。

[心構え]
●何のために痩せるのかハッキリさせること。
●達成可能な小さな目標を立て、一つづつクリアしてゆくこと。無理な目標は立てないこと。
●毎日体重計に乗ること。

[食事]
●家での健康的な食事。なるべく外食しない。
●腹八分目で満足する。それ以上食べない。
●炭水化物(麺類やご飯)を減らす。
●コーラやジュースなどの清涼飲料は飲まない。
●デザートや甘いものは食べない。

[運動]
●短時間であっても軽い運動を毎日続けること。
●激しい運動は控えること。長続きしないから。


元の新聞記事はこちら(ポルトガル語):
G1.com - Bem-Estar

2012年10月4日

化粧品の嘘

最近話題のこのニュース。

化粧品は幻想やイメージを売る商売。消費者は皆、過剰な広告によってクリームが“肌の奥まで浸み込む”と思い込まされてきた。化粧品の効果というのは100%使用者の主観なので、こういった誇大広告を招きやすい。また消費者である女性達には若返りたい、綺麗になりたいという願望があり、簡単に信じこんでしまうのも問題だ。

科学のメスによってこういった我々の「思い込み」が矯正されるのは好ましいこと。化粧品業界には打撃だろうが、こういう知見がもっと広がってゆくことに期待したい。
高級なアンチエイジング用フェイスクリームを毎晩人知れず顔に塗りこみ、時の流れに少しでも逆らおうと涙ぐましい努力をしている女性に悲報だ。英バース大学の研究により、“肌の奥まで浸み込む”と謳われているこれらのクリームは、実は一切肌の奥などに届いておらず、どんなに小さな“ナノ粒子”であっても肌の表面には浸透していないことがわかった。

同研究を行ったRichard Guy教授によると、一般的な化粧品に使われている粒子は、人間の髪の毛の100分の1ほどの大きさだそう。そこで、20~200ナノメートルの大きさのポスチレンビーズに蛍光タグをつけ、肌に浸み込むかどうかを共焦点レーザー顕微鏡を用いて観察したところ、これらのビーズは角質層と呼ばれる表皮の一番外側の層にさえも浸透することはできなかったという。

「クリームの粒子が肌に入り込むといった魔法のようなことはまず起こらない。理由はただ単に、粒子が大きすぎるから」とGuy教授。藁にでもすがる気持ちで高級クリームを使っていた女性たちはさぞかしガッカリしているかもしれないが、逆に言えば、日焼け止めなど有害だとされている原料が体に取り込まれることもない、ということなのでそちらは安心して使えるようだ。

出典元:Mail Online