2012年7月16日

塩の意外な使い道

塩の使い道って、結構色々とあるんですね。

中には???のものもありますが、メモとして貼っておきます。個人的には7・8・9番あたりを試してみようと思います。
1.手作りマウスウォッシュ

意外に買うと高いマウスウォッシュが簡単に手作りできます。小さじ1杯の塩と小さじ1杯の重曹を、1/2カップの水に溶いて、口をすすぐだけです。

2.引火した油の消火

油に引火した場合は「絶対に」水をかけてはいけません。水の代わりに、塩をガバッと振りかけましょう。いつでもかけられるように、火元のそばに塩を置いておくといいです。

3.雑草の除草剤

雑草に直接塩を振りかければ、除草剤代わりになります。

4.しみ抜き

・ワインのしみ:直接塩をつけます。
・血液のしみ:冷たい塩水に浸した後、洗剤や石けんをつけてお湯で洗います。
・汗じみ:約1リットルのお湯に大さじ4杯の塩を溶かし、スポンジでつけます。

5.手軽なお掃除用洗剤

・スポンジの除菌:約1リットルの水に1/4カップの塩を溶かし、スポンジを一晩浸け置きします。
・レンジの吹きこぼれ掃除:何かを調理していて吹きこぼれてしまった場合は、まだ水分が残っているうちに塩を振りかけます。熱が冷めたら布やふきんで拭き取りましょう。
・古い造花の掃除:造花と1カップの塩をジッパー付きのビニール袋に入れ、封をしてよく振ります。造花のチリやホコリがきれいに取れます。
・水槽の掃除:水槽の内側を塩で磨いて、しっかりと水ですすぐとピカピカになります。

6.牛乳を長持ちさせる

牛乳パックにほんの少し塩を入れて、注ぎ口をしっかり閉じてシェイクします。これで牛乳が少し長持ちします。

7.コーヒーの苦味消し

コーヒーを濃く淹れすぎて苦くなってしまった時は、塩を一つまみ入れるだけで味が蘇ります。

8.アリの防虫剤

アリが家の中に侵入してきた時は、アリの通り道に塩をまいておきましょう。

9.スニーカーの防臭剤

時々スニーカーの中に塩をパラパラと入れておくと臭いがしなくなります。

10.ほうきを長持ちさせる

新しいわらのほうきを買ってきたら、温かい塩水に20分ほど浸けましょう。

11.うがい薬

小さじ2杯の塩を1/4カップのお湯に溶かしてうがいをすれば、喉の痛みに効きます。口をすすげば口内炎にも効きます。

12.かゆみや虫さされ

・蜂に刺された場合:必ず最初にとげを抜きます。刺されたところを湿らせて塩をつけると、痛みと腫れが引きます。
・蚊に刺された場合:刺されたところを塩水で浸し、それからラードか植物性の油脂でコーティングします。
・ツタウルシにかぶれた場合:湿疹ができたところを温かい塩水で浸すと、かゆみが治まります。

13.卵に関する便利なアイデア

・ゆで卵の殻を剥きやすくする:ゆで卵をつくる時に、小さじ1杯の塩をお湯に溶かすと、固ゆで卵が剥きやすくなります。
・卵の鮮度を確認する:小さじ2杯の塩を1カップの水に溶かし、ガラスのコップなどに入れます。そこへ卵を割り入れると、新鮮な卵は沈み、古くなったものは浮きます。

LifeHuckerより

0 件のコメント:

コメントを投稿