2008年10月16日

大腸ポリープ、緑茶カテキンで再発予防

大腸癌の患者数は推定21万人(平成17年度 統計調査より)です。大腸癌発症の原因のひとつとして、日本人の食生活が欧米風になったことが挙げられています。健康な肉体は普段の食事から気をつけることが大事なのは言うまでもありません。でもやっぱり、おいしい食事の誘惑には負けてしまいがち! せめて食後に日本茶を飲むという習慣を日常に取り入れるのは簡単にできそうです。
緑茶成分のカテキンを含む錠剤を飲み続けると大腸ポリープの再発が抑えられることを、岐阜大医学部の清水雅仁助教や森脇久隆教授らが臨床試験で確かめた。名古屋市で28日から開かれる日本癌学会で発表する。大腸がんのもとになるポリープの再発予防が緑茶錠剤の臨床試験で実証されたのは初めてという。手軽な緑茶錠剤によるがん予防の可能性をうかがわせる成果といえる。

臨床試験には、岐阜大病院など岐阜県内の4病院が参加した。大腸ポリープを内視鏡で切除した125人のうち60人に緑茶錠剤3錠(計1.5グラム、6杯分)を毎日飲んでもらい、飲まない65人と、1年後に大腸を内視鏡で検査して、ポリープ再発率を比べた。臨床試験で使用された錠剤の量は1日3錠(緑茶6杯分)。森脇教授は「緑茶をよく飲むという生活習慣で予防できる可能性もある」と話しています。

【2008年10月16日 産経ニュース】