2007年3月30日

解毒にも効果有り ブレンド茶の成分

あくまでも、もしペットボトルのお茶を買うならば、ということです。買わないに越したことはありません。念のため。

ペットボトルのお茶には、酸化防止剤(ビタミンC)や保存料・着色料などいろいろ本来のお茶の成分にはあるはずのないものが含まれてますから100%体にいいとはいえないでしょう。
のどが渇いた時にコンビニやスーパーに入ってたくさん並んでいるペットボトルから何を選びますか?

さまざまな飲料が並んでいる中に、お茶をたくさん目にするかと思います。昔はウーロン茶ならウーロン茶緑茶なら緑茶と単体のものが多かったのですが最近ではさまざまな茶葉がブレンドされたり解毒目的で漢方成分が入ったものが増えているのです。

含まれている漢方成分は朝鮮(高麗)人参や、ドクダミ、杜仲やはと麦などが多く、特に、朝鮮人参は滋養強壮として有名で、漢方茶の決め手となるこの成分が入ったものが多いようです。治療目的とまではいかないまでも、日常生活での予防には十分な量の摂取になります。

各社さまざまな茶葉をブレンドしたものを販売しています。お茶を選ぶ際に裏ラベルを見てみるのはいかが?

【健康トレンディー】