2006年11月18日

不妊治療、「針」で効果?

不妊症は最近増えていますね。子供が欲しい人は妊娠せず、欲しくない人は簡単に妊娠したり、神の不条理を感じます。

記事を読む限り、科学的な因果関係は不明ですが、まぁ体外受精をやっても妊娠できなかった場合など、(ダメもとで)試してみる価値はあるかもしれません。
体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人に針治療を行ったところ、約4割にあたる49人が妊娠に至ったと、名古屋市の明生鍼灸(しんきゅう)院と明治鍼灸大の研究グループが10日、大阪市内で開かれている日本生殖医学会で報告した。

49人のうち4人は自然妊娠だったほか、30人は治療後1回目の体外受精で妊娠に成功したという。不妊治療の専門家が集まる学会で、針治療による効果を示すデータが発表されるのは珍しい。

報告された114人の治療実績は、1998年2月~2006年6月に、同鍼灸院を訪ねた不妊患者のうち体外受精を5回以上行っても妊娠しなかった女性のもので、治療は、週1~2回のペースで行われ、腹部や足などにある婦人科疾患に効果があるとされるツボを針で刺激した。

妊娠した49人の内訳は、自然妊娠4人のほか、人工授精での妊娠が1人、体外受精が44人。このうち治療後1回目の体外受精で妊娠した30人のうち9人は、針治療の開始前に10回以上も体外受精を行いながら妊娠できなかった深刻な不妊症だった。

【2006年11月10日 読売新聞】

2006年10月1日

糖尿病になると、がんの危険性が高まる

糖尿病になること自体、自己管理(健康管理)が出来ないことの何よりの証拠です。なので癌を含めいろいろな病気に罹るリスクが飛躍的に増します。大事なのは自分の体を過度に甘やかさないこと。
糖尿病になると、がんになる危険性が高まることが約10万人を対象にした国立がんセンターの追跡調査でわかり、米医学誌に発表した。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)も胃がんのリスクを高めると指摘されており、生活習慣病とがんとの関連が次々と明らかになってきた。

がんセンター予防研究部の井上真奈美室長らのグループは、1990年~2003年に、国内の40~69歳の男性計4万6548人、女性計5万1223人を調査した。最初に糖尿病の診断歴がある人とない人に分け、その後のがんの発症率を比較した。

その結果、糖尿病歴のある人は、男性で1・27倍、女性で1・21倍、がんになりやすいことがわかった。男性は肝臓がんの2・24倍が最高で、腎臓1・92倍、膵臓(すいぞう)1・85倍、大腸1・36倍と続いた。女性は卵巣がんの2・42倍が最高で、肝臓1・94倍、胃1・61倍の順となった。

糖尿病になると、血液中のインスリン量が増えるなどホルモンのバランスが崩れ、がん細胞の増殖を引き起こすなどの理由が考えられるという。

【2006年9月27日  読売新聞】

2006年9月24日

毎日5杯、緑茶で長寿?…脳こうそく死亡率が大幅低下

記事を読む限り、緑茶というよりも、単に水分を多く摂取したことで血液の循環が増したのではないかと思う。がんとの関連が無いというのは納得。
緑茶を1日5杯以上飲む人は脳こうそくなど循環器疾患による死亡率が顕著に低く、長寿の傾向があることが栗山進一・東北大助教授らの調査でわかった。

ただ、がん死亡を防ぐ緑茶の効果は確認されなかった。米医師会雑誌に13日、発表した。
研究チームは1994年に40~79歳だった宮城県内の4万530人(男性1万9060人、女性2万1470人)を、1995年から11年間にわたって追跡調査。1日に飲むお茶の量によって四つのグループに分け、死因などを分析した。
1日にお茶を5杯以上飲むグループの死亡率は、最も飲まない1杯未満のグループに比べ、男性で12%、女性で23%低かった。特に、動脈硬化が原因となる脳こうそくでは、お茶を多く飲むと男性で42%、女性で62%も死亡率が低下した。研究チームは、男女の死亡率の差は、喫煙によるものと考えられるとしている。

栗山助教授は「緑茶を飲む量とがんの死亡率には関連が無かったが、緑茶を飲むと長生きの傾向があるとは言えそうだ」と話している。

【2006年9月13日  読売新聞】

2006年9月6日

高血圧・胃潰瘍・リウマチ…温泉の効果、科学的に立証

温泉。いいですね~。温泉好きな人にとっては朗報かもしれません。温泉に行く口実ができたという意味でね。
記事によるとあくまでもマウス実験ですが、昔から経験的に言い伝えられていることって、結構正しいんですよね。
酸性の温泉水が高血圧や胃潰瘍(かいよう)、関節リウマチなどに効くメカニズムを、名古屋市立大医学研究科の岡嶋研二教授、原田直明助手らがマウスによる実験で突き止めた。温泉の効能は経験的に言い伝えられているが、その科学的なメカニズムはわかっていなかった。 秋田市で開かれる日本温泉科学会で6日発表する。

岡嶋教授らは、脊髄(せきずい)から皮膚に延びる知覚神経細胞をマウスから取り出して培養。これに薄めた酸性の温泉水をかけて刺激すると、神経末端からたんぱく質の一種(CGRP)が放出された。CGRPは血圧降下のほか、炎症抑制、傷の治癒促進などの作用がある「インスリン様成長因子(IGF)―1」というたんぱく質を増やす。

そこで実際に、マウスを酸性の温泉水(40度)に5分間つけ、皮膚や血中、胃組織のIGF―1濃度を測定した。その結果、何もしない状態に比べ、温泉水では8~3倍増えていた。さらに、ストレスをかけて胃潰瘍にしたマウスを温泉水につけると、潰瘍の長さが3分の1以下になった。

岡嶋教授は「温泉水の熱と酸性刺激が脳に伝わって副交感神経を刺激、体内のIGF―1が増えて、自己治癒力を高めるらしい」と話している。

【2006年9月5日 読売新聞】

2006年8月25日

睡眠時間と健康について

睡眠時間が8時間の人に比べ睡眠時間が5時間以下の人は、心筋梗塞などの冠動脈疾患に罹る率が1.45倍に跳ね上がるそうです。ただし睡眠時間を増やせばよいという訳ではなく、9時間以上の寝すぎも1.38倍と高いそうです。

つまり規則正しい生活が、最も健康に良いということです。"一日7~8時間の睡眠"が取れるようにしたいものです。

2006年8月21日

サプリメントは数回に分けて

ビタミンB群やビタミンC等の水溶性ビタミンは、一度に多量に摂取しても余分な分は排出されてしまうので、一日に必要な量のサプリメントを一度に摂ってしまうよりも、2~3回に分けてとることで、より効果的な吸収が期待できます。

プロポリスなど健康食品についても同じことがいえます。どうしても多量の摂取が必要な場合、2~3回に分けてとった方が、より効果的です。

2006年8月11日

蜂蜜が60種類のバクテリアに効く

蜂製品はプロポリス、ローヤルゼリー、蜂蜜、どれをとっても健康にいいものばかりです。
薬事法の関係で具体的な効能・効果はお伝えできませんが、歴史的に見ても蜂製品の評価は定まっている感があります。プロポリスだけでなくローヤルゼリー、蜂蜜などもあわせて服用されてはいかがでしょうか?特に蜂蜜は価格的にも安く、お勧めです。
オーストラリア,ニュージーランド,ヨーロッパ、アメリカの研究者たちの5年間の研究によって,蜂蜜は60種類のバクテリアに効き目があることが判明している。特に,現在注目されているのは,抗生物質が効かない術後の傷,腫瘍,肌荒れなどを治療する蜂蜜である。ミツバチは約450グラムの蜂蜜を集めるのに200万の花を訪れるという。しかし,肝心なのは集めたあと。ミツバチはこの花蜜に,自分の体内からグルコース酸素酵素を加え,最終的には過酸化水素と呼ばれる抗菌物質を作りだす。これは胃潰瘍の原因となるバクテリアにも効くという。

これだけ効き目のある蜂蜜,製薬会社が見逃すはずはなく,オーストラリアの製薬会社は術後の傷,口内感染,肌荒れなどに効く薬を現在製造中。ニュージーランドの会社は地元の木から取れる蜂蜜を利用して包帯を売り出す。またイギリスの会社も抗菌包帯を売り出す。オーストラリアの会社はアメリカの食品医薬品局に認可を求めているので,今年の末にはアメリカでも売り出される可能性があるとのこと。

【2006年8月1日 健康トレンディ】

2006年8月7日

カボチャに高血圧改善の効果?

かぼちゃが高血圧に効果的という話。まぁ あくまでも動物実験ですが。
カボチャを食べると、高血圧を改善する効果が得られることが、弘前大学医学部付属脳神経血管病態研究施設の早狩誠・助教授らのラットを使った動物実験で分かった。カボチャが血圧上昇に関連した酵素活性を、強く阻害することを確認したもので、ヒトに必要なカボチャ摂取量は、一日五十グラム程度とみられる。早狩助教授は「身の回りにある食材の効能で、簡単に健康づくりにつながる。有効成分を特定し、健康食品への活用も目指したい」と話している。

研究は同施設の上野伸哉教授と、生化学第二講座の土田成紀教授との共同で行い、高血圧を発症している実験用ラットに一日当たり、生カボチャ七・五グラムを含んだ餌二十五グラムを与えた。
実験開始三日目で最高血圧が、カボチャを与えない対照群の二〇〇に対し、一七五ほどに下がった。一カ月近く食べさせたが、こうした効果は持続された。カボチャの活性阻害は、血圧降下を目的とした市販の特定保健飲料に匹敵し、生でなく、加熱したものでもほぼ同じ効果があった。

【2006年7月26日 東奥日報】

2006年6月14日

アルコール性肝硬変、コーヒー1杯で8割に減少

コーヒーがアルコール性の肝機能障害に良いらしい。
そういえばコーヒー好きのブラジル人には肝臓病の人が少ないような気が。。。
飲酒量が同じの場合は、コーヒーを多く飲む人ほどアルコール性の肝硬変になりにくいことが、米カリフォルニア州での大規模な疫学調査で確認された。

調査は、医療保険などを運営する「カイザー・パーマネンテ」研究部門のアーサー・クラツキー医師らが、保険加入者12万5580人を対象に実施。1978~85年の時点で尋ねておいた各自の生活習慣と、その後の病気発症状況との関連を分析した。

それによると、2001年までにアルコール性肝硬変を発症していたのは199人。喫煙など他の要因が影響しないように配慮して分析を試みたところ、明確に浮かび上がったのがコーヒー効果。飲まない人に比べ、1日に4杯以上飲む人の発症リスクは2割、1~3杯の人でも6割にとどまった。

読売新聞より

2006年5月13日

蜂の巣の駆除

5月に入りだいぶ暖かくなりました。

この時期、我が家で毎年恒例のものがあります。。。それは、我が家の軒先に出来た"蜂の巣"を駆除することです。でも、蜂の巣の周りにはいつも蜂がうろうろしていてなかなか近づけないもの。
そこで、簡単な蜂の巣駆除の方法をご紹介します。

まず、夜になり気温が下がったところで、市販の殺虫剤をたっぷり振り掛けます。普通の殺虫剤でも効果はありますが、私が使っているのは「虫コロリ アース」という商品。これは強力です。
そのまま一晩放置して翌朝のぞいてみると、蜂の巣は抜け殻のようになっていて、安全に、簡単に取り除くことが出来ます。お試しあれ!

2006年1月26日

アガリクスのその後

昨年10月、「アガリクスががんに効く」などの誇大広告(薬事法違反)により「史輝出版」や健康食品会社「ミサワ化学」の役員が逮捕された事件は記憶に新しいが、その後アガリクスはどうなってしまったのだろうか?

サンパウロの日本語紙「ニッケイ新聞」の先日の記事を見ると、ブラジルのアガリクス生産者が深刻な打撃を受けていることが分かる。
日系健食業界の攻防=薬事法違反で逮捕者=アガリクス=イメージ・ダウンで生産激減

〇五年十月、アガリクス生産・加工業者に衝撃が走った。がんに効くと書籍で宣伝したなどとして、出版社の役員や健康食品販売会社の社長など計六人が、日本で薬事法違反(承認前の医薬品の広告、無許可販売)の疑いで逮捕されたのだ。 逮捕者が出るだろうと、その数カ月前から内部関係者の間でささやかれ、ブラジルにも情報が伝わっていた。事件は想像以上の深い爪跡を残した。

「知ってはいたんだけど、これほどの余波があるとは予想もつかなかった。問題の本も持っていますが、『末期がんの患者に効いた』など宣伝の仕方はあまりにも大げさ。アガリクスは薬ではありませんよ」。聖市近郊の町に住む、生産者はやり場の無い怒りをぶつけた。十年足らず前に生産設備を譲り受け、細々ではあるが、投資を行い、流行の健康食品をつくってきた。が事件のせいで、出荷がぴたりと止まった。イメージ・ダウンのために、注文が入らなくなったからだ。アガリクス一筋だった故に、壊滅的な被害を受けた。「商売変えを模索しているところです。設備を買ってくれる人なんかいないから、そのまま放置の状態ですよ」。

◇◇◇

業者の声を総合してみると、事件前と事件後では売上が三割~四割下がった。八割~九割減の被害を受けたところも。
アガリクスの流行のピークは〇二~〇三年で、以後売上は右肩下がりの傾向を見せ始めていた。知名度のある業者を例にすると、年間に六十トン(乾燥茸)の出荷量を誇っていたのが、四十トンにまで落ち込んだ。 今回の事件がそこに〃追い討ち〃をかける形になり、日本では新聞・雑誌の広告欄から瞬く間にその名が消えていったという。
「もう盛り返すことはないでしょう。値段を安くしたからといって、日本人が買ってくれるわけではない。流行の恐さをまざまざと知らされた事件だった。〃一本足〃で立つのはやはり危ない。多種の商品を、開発していかなければ」(サンパウロ大都市圏の生産者)。

果たして、今後どんな展開を見せていくのだろうか? 淘汰が進んでいくのは間違いない。(1)プロポリスと混合した商品にする(2)ブラジル国内の販路拡大(3)日本以外の国への輸出──などが考えられそうだ。

国内では加工品に対して規制が強いから、(1)(3)の方向に進んでいくのではないかと思われる。実際に、台湾向けの販売に力を入れ始めた業者も現れ始めた。前述の名の知れた業者は、米国のFDA(食品医薬品局)の販売許可を得て、同国への輸出を広げていきたい考え。「厚生労働省(日本)の取り締まりが強化されている。米国のお墨付きがあれば、日本人のイメージも変わっていくのでは」と望みを託している。

2006年1月11日(水)付 ニッケイ新聞より

2006年1月19日

「賞味期限」と「消費期限」の違い

「消費期限」とは、弁当や生めんのような品質が落ちるのが早い食品に表示されていて、食べられる期限(飲食可能な期限)を示しています。製造日を含め品質が保たれる期間が、おおむね5日以内のものに表示されます。期限を過ぎたものは食中毒の発生の恐れがあるので注意が必要です。

「賞味期限(品質保持期限)」とは、缶詰や即席ラーメンのように、品質が落ちるのが比較的緩やかな食品に表示されていて、おいしく食べられる期限(すべての品質が十分に保持される期限)を示しています。保存状態が良好であれば、賞味期限を多少過ぎても安全に食べることが出来ます。品質が保たれる期間が3ヶ月を超えるものについては「年月」のみの表示でもよいことになっています。

プロポリスをはじめとする健康食品には通常「賞味期限」を表示してあります。
尚、新聞に面白い記事がありました。参考にして下さい。
「賞味期限切れ」いつまで食べられる?

五感生かし自ら判断  食品に記載されている「賞味期限」。うっかり期日を過ぎてしまい、「仕方ないか…」と捨ててしまった経験は多くの人にあるだろう。実際、アンケートによると、食品を捨てる理由の一位は「賞味期限が切れた」から。だがちょっと待ってほしい。適切な保存方法で未開封ならば、期限を過ぎてもしばらくは口にすることが可能だ。「もったいない」精神を大切にしたい。

≪捨てる基準?≫ 
「消費期限」はいわゆる“生もの”に適用され、弁当、おにぎり、サラダのほか、生鮮食品の一部などが該当する。おおむね製造から5日以内で、期限が切れたら食べないほうがよいとされている。一方、「賞味期限」(品質保持期限)は、おいしさを保証する期限であり、期日を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではない。

だが、兵庫県消費者団体連絡協議会(兵庫)が昨年、県内の消費者約2800人を対象に実施したアンケートによると、食品を食べずに捨てるのは「賞味期限が過ぎたとき」が58.5%でトップ。「変色・異臭がしたとき」(39.6%)を上回り、消費者が「おいしさの期限」である賞味期限を参考に食品を捨てていることがうかがえる。

≪開封後は注意≫
賞味期限が過ぎた食品は、一体いつまで食べられるのだろうか。

関係業界団体によると、記載してある賞味期限は若干短めに設定している場合がほとんどという。「風味は落ちるが、数日ならば(期日を)過ぎて食べても大丈夫」(納豆の業界団体「全国納豆協同組合連合会」)、「食品衛生上安全な期限の7割ほどの期間に賞味期限は設定してあり、過ぎても食べられる」(ヨーグルトなどの業界団体「日本乳業協会」)などと語っている。

注意しなくてはならないのは、賞味期限は開封しないことが前提になっていることだ。開封した場合は賞味期限は“無効”となる。このため、「開封した場合はお早めにお召し上がりください」などと記載されているが、この「早め」がどれぐらいかも判断に迷うところだ。「できれば1日から2日で飲みきってほしい」とするのは、牛乳の普及振興に携わる日本酪農乳業協会。開封すると、パック内で細菌の増殖が始まってしまうため、少しでも早く飲み終えることを勧めている。

≪もったいない≫
もちろん低温状態や直射日光が当たらない場所など、「適切な保存方法」が実行された場合のみだ。異臭を放っていたり、すでにカビが発生していた場合など明らかに傷んでいる場合は、捨てたほうがいい。

傷んでいる状態の見分け方について「熱してみて、白と透明な層に分離したら古くなっている」(牛乳)、「表面が乾燥し始めていたら、2次発酵している可能性があるので食べないほうがいい」(納豆)などと各業界団体はアドバイスしている。

食品表示について詳しい甲南女子大学の奥田和子教授(食文化論)は、「賞味期限を過ぎたから、すぐに捨てるということは、『もったいない』という観点からやめた方がいい。見た目やにおいなど五感をフルに生かし、食べられるかどうかの判断をできるようになることが重要」と話している。

【2006/01/15 産経新聞 東京朝刊より】

2006年1月13日

コーヒーはアルコールの害を減らすか?

アルコールを多く飲む人ほどアルコール性肝障害の指標の一つyGPTが高くなる傾向があります。欧米や日本での調査では、コーヒーをより多く飲んでいる人ほどyGPTの値が低くなるという結果が出ました。

この結果はコーヒーがアルコール性肝障害を軽減する可能性を示しています。今後のちゃんとした比較試験による科学的な証明が待たれます。